外壁やフェンスも火災保険(建物)の補償対象ですよ!

火災保険で建物に保険をかける場合、万が一、建物本体が焼けたりした場合は保険が使えるのは認識していますが、例えば、外壁やフェンス、ガレージとかも補償対象になることを認識している方はどれぐらいいらっしゃるのでしょうか?
 見落としがちになりますが、基本的に建物に保険をかける場合は外壁やフェンスなども一緒にかけるため、万が一の場合、補償対象になります。要は隣の家のもらい火で外壁が焦げてしまったり、台風でフェンスが壊れてしまっても、補償対象になっているのでその分助かります。
 ただし、保険の内容や、最初の契約の時に外壁やフェンスなどを保険の補償対象にしない旨を伝えている場合は当然補償の対象ではなくなり、万が一つぶれてしまった場合も保険が使えなくなりますのでご注意ください。
 現在加入されている火災保険で対象になっているか否かを確認したい場合は、ご保険証券をご覧になるか、ご加入されている保険の保険会社や代理店にお問い合わせください。

雪害を理由に悪徳詐欺を働く業者に気をつけよう

雪が降る地域に住む人にとって、雪害は切っても切り離すことが出来ないものです。舞い散るように降る雪は、屋根などに積もると塊となり、屋根や家屋に甚大な被害を及ぼす可能性があります。この雪害で破損した屋根や家屋を直すという理由で悪徳詐欺を働く業者がいます。
具体的には、保険会社の手続き代行を理由として高額の修理費用を請求したり、保険が適用されるか否かの判断を無料で行うと言い、後で費用を請求する、依頼していないにも関わらず、修理を行い費用を請求するなどという手口です。
悪徳詐欺を働く業者にだまされないためには、まず自身が加入している保険を確認してみましょう。雪害などの自然災害が原因であれば、補償の対象となる保険に加入している場合には、いくつかの業者に見積もりを依頼し、ある程度の相場を確認してから依頼する業者を決めるようにします。不審に感じることがあれば、その場で決めずに警察や消費者生活センターなどに相談するようにしましょう。

雪害だけでなはなく風害にも使える

主に火災にあってしまった時のために加入しておくべきの保険が火災保険ですが、これにはものによっては雪害や台風の時の風害、水害にも使えるものがあります。
これらの保障に関しては火災保険のオプションとなっていることが多く、雪害や風害被害にあってしまった時にオプションとしてつけていなかったということも少なくはありません。
このオプションに加入しておくべきであるのは、豪雪地帯や台風が強いまま通りすぎて良く大きな被害に遭っている地域です。
このような地域に住んでいる場合、屋根が破損してしまった場合などに、風災が認定され、保険が使えるので、通常より少し高い保険料を払っておくだけで修理費用を圧倒的に安く済ませることができます。
この場合の保険がおりる条件は雪害に関しては雪によって家が破損した、風害、水害は台風、強風によって家が破損したり、床上、床下浸水になってしまった場合が条件となっています。
このような場合、車にも被害が出てしまうことが多いので車のこのような保障にも加入しておきましょう。

今後の大地震の可能性について

東日本大震災が起き、津波で家が流されたりしているか映像を見ると次はいつ大地震が起きるのか気になるものです。そんな今後、大地震の可能性は、日本の場合は、とても可能性は高いとされています。国の発表では、日本で大きな被害が発生するとされている南海トラフ地震が今後起こる可能性は、30年以内に東海で88%、東南海で70%、南海で60%と予測されています。その時に起こる経済被害は、起こる時期、時間帯などでも異なってきますが最悪な状況で220兆3000億円と推定されています。そんな被害を少しでも抑えるために、地震保険に加入し、自分家は、自分で守ることが大切です。阪神淡路大震災では、関西は地震が起こらないと思われていたため、地震保険の加入者も少なく、被害にあった方で地震保険を加入している人、していない人とでは最終的に保障される額も異なってきていました。そうならないためにも、地震の多い日本で生活する上で地震保険は大切です。

地震保険を扱っている保険会社について

地震は本当にいつ起こるかが掴めないので、日本に住んでいる人達からすると対処が難しいのだ。しかし現代では昔とは異なっていて、しっかりと地震が起きても困らない対策を立てているから最小限まで抑えられる。それは具体的に地震保険という物で、扱っている保険会社も徐々に増えていっている状況だ。しかも実際の保険の数も種類が豊富の状態に変わりつつあるから、とても選びやすい点も出てきている。そこで知っておくと良い情報はどういう基準を持って、保険会社が扱っている多数ある地震保険の中から一つを選ぶかだ。この事は本当に地震が起きた際の事を考えた方が賢明で、ちゃんと役に立ちそうな物を選択するべきである。それに自分達がどういった状況に立たされるかも想像してみると良く、その時にそれぞれがどう動くかも変わってくるだろう。それを考慮に入れて地震保険の内容を見ると、自然と必要とする物は目の前に出てくるとされている。そして次に工夫して得られる利点に関しては、地震保険を扱っている保険会社を比較してみる事だ。これは比べる事でどこに違いがあるかをすぐに判明させれて、本当に選ぶ時には非常に役立つと言われている。しかしよく同じ内容を記している所があるから、しっかりと注意力を高めておくと無難であると同時に選び間違いはなくなる。なので保険会社には色々な情報が出回っているが、それらを深くまで観察する事を忘れずに最終的な判断を下すべきである。

地震保険料の割引制度

“地震保険料の割引制度は主に4つあり、免震建物・耐震等級・耐震診断・建築年数が挙げられます。どれも万が一の際の備えに大きく関与していくものであることから、事前に内容を把握していく点が必要となります。地震保険の概要としては、揺れの強さにおける損壊や火災を伴う場合を込みで加入することになりため、セットでプランを組むという事柄が前提となるのです。割引の適用を受ける際には、定められた資料を用意して認定されるような状況を行うのが鉄則です。基準を満たす内容を冷静に考えることで、地震保険料に対応する部分も出ていきます。保険の対象になる建物や保険料の金額など幅広い分野で物事を確認していくことができれば、優良住宅として長きに渡って向き合うことも可能になるのです。地域や所在地による差もあることから、慎重に物事の内容をチェックする姿勢を示す点も求められています。地震保険料の割引を賢く利用することで、他の保険にも余裕を持ってお金をかけることができます。
その一方で被災する可能性がどれくらいあるのかを調べる術も重要であり、生活自体を最終的には助ける手立てにもなるのです。特に住宅ローンを抱えている場合は、家財を含めての負担を軽減することにつながり、地震保険の存在意義の高さを示しています。戸建てとマンションで受けるかたちは異なるものの、いずれにしても自分自身の生活環境を元に戻すために必要なツールとなるのです。地震保険料は基本的な内容から見ることが重要です。”

地震保険と保険料について

日本人であれば地震と聞いて恐怖する人は少なくありません。やはり日本は地震大国ですから、地震を恐れるのはごく自然なことですね。関東大震災や阪神大震災は歴史にも残る大きな地震です。そして最近に起こったものとしては東北大震災があります。そういった自体が起こってしまったとき、すべてを失うとうなことになってしまったとき、明日からどのように過ごせば良いのか分からなくなってしまいます。しかし地震保険に入っていれば安心です。地震保険が被害状況に合わせて生活を保証してくれます。いざ地元で震災が起こってしまったときのリスクとそのときに貰える金額を考えると、普段から支払う保険料に対して高く感じる必要もないでしょう。滅多に起きないことについて保険料を支払うのは馬鹿らしいと考える人もいますが、いざ起こってからではどうにもできません。ですので積極的に入っておくことが生活の安心に繋がります。ではどういう人が加入できるのかということですが、火災保険に入っている人であれば、それに加えて地震保険に入ることができます。火災保険だと認められない保証も多くありますが、地震保険だとその枠も大きく広がります。地震に続いての二次災害である津波など、そういったことについての被害も保証の対象となっているのです。日頃の不安を考え出すとキリがありませんが、その不安を安心に変えるのが保険です。自分を守るため、家族を守るため、保険には加入しておきたいですね。

火災保険と一緒に同時加入しておきたいもの

最近は節約のために火災保険にすら入らないという人が増えています。それはとても残念なことです。また非常に危険なことだと言えます。節約とは名ばかりの危険な判断ですね。やはり私たち日本人の生活は火災保険あってこそです。それを前提に家屋に住んで生活すべきなのです。そして火災保険だけでは安心できないと考えられます。私たちに必要とされるもの、それは地震保険です。それも同時加入という形で入っておくことが大切ですね。どうして同時加入が必要なのかというと、記憶にも新しい東北大震災があったからです。今は復興も進んでいて、一部の人は元の生活に戻れているようですが、中には今だにひもじい生活をされている方もいます。そういった様子を見ていると、地震保険の必要性というのを考えさせられます。それがあるかないかで私たちの生活の安心レベルは変わります。日本は地震大国なので、何処に住んでいるから安心だとか言えません。立派な家屋に住んでいれば地震に耐えられるとか言う人もいますが、地震の際に起こる火災はどうでしょうか。火災保険では地震の際の火災が認められないことがあるのです。これを知る人はあまりいないのですが事実ですし、そういったときの安心のためにも必要となるのが地震保険ですね。それがあれば地震の際に起こる火災があってもその後の生活は守られますし、被害にあったとしても家族みんなで頑張ってやり直していくこともできるでしょう。