今後の大地震の可能性について

東日本大震災が起き、津波で家が流されたりしているか映像を見ると次はいつ大地震が起きるのか気になるものです。そんな今後、大地震の可能性は、日本の場合は、とても可能性は高いとされています。国の発表では、日本で大きな被害が発生するとされている南海トラフ地震が今後起こる可能性は、30年以内に東海で88%、東南海で70%、南海で60%と予測されています。その時に起こる経済被害は、起こる時期、時間帯などでも異なってきますが最悪な状況で220兆3000億円と推定されています。そんな被害を少しでも抑えるために、地震保険に加入し、自分家は、自分で守ることが大切です。阪神淡路大震災では、関西は地震が起こらないと思われていたため、地震保険の加入者も少なく、被害にあった方で地震保険を加入している人、していない人とでは最終的に保障される額も異なってきていました。そうならないためにも、地震の多い日本で生活する上で地震保険は大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です